東備大家の不動産活動日記

40代サラリーマンをしながら、副業でコツコツ不動産・太陽光事業を営んでおります。DIYは苦手だけど残置物には萌える変わり者大家。大家業で色んな方とのふれあいを楽しみに活動しております。

住宅ローンの組み方、考え方。

こんばんは、東備大家です。


今日は、Voicyの大河内薫マネリテ戦略室ラジオから、


「知識が無いのに住宅ローンを組んだら終わりです【最新事例】」の回。


周りの人たちには、住宅ローンを良く考えずに組んだら


かなり厳しい結末になるからダメだよ~って日ごろから言うてますけど、


そんな話をされてましたね。





まずは、金利の設定について。


変動金利と固定金利をどうするのか?って話。


私の場合は当時、全体の借入金額を落として


返済額をかなり少な目で組んでましたので、


変動金利で良かったんだけど、3年固定とキャンペーンの関係で


あまり差が無かったのでそれで組んでもらいました。


結局3年間全力で繰上返済して、残債も少なくなって来たので


更新のタイミングで全部返しちゃいました。


今から考えたら随分と勿体ない事をしましたよ。





長期固定金利で組んだ方が良い方は、


返済余力が少ない」「資金力が無い」方ですね。


逆に、「返済余力が結構ある」「ある程度まとめて繰り上げ返済出来る資金力がある


って方は、金利次第ですが変動金利も選択可能。


今から借りるのなら、ある程度長めの固定金利を選ぶ事をお勧めします。




あと、ボーナス払いは基本的に使わない選択で良いかと。


ボーナスなんて、いつ消えるか分からない幻なんですよ。


当てにして、返済計画はリスキー過ぎます。


ボーナスを繰上返済資金として積んでおいて、


10年目まで(13年目の方もあり)は年明けに1回返済ぐらいが固いやり方ですな。


勿論、減税と逆ザヤになってる方の場合は繰上返済せずに


減税が終わってすぐにまとめて返せばOK。




こういう基本的な事と、そもそもの住宅をどうやって安く仕込むかが


出来る人と出来ない人で、人生のお金の自由度が随分変わってきます。


何も考えずに、不動産業者さんや、ハウスメーカーさん、


銀行さんの言いなりで組んだらエライ目に合いますよ。


3者とも、沢山借りてもらう方が営業数字になるので、


どうやって融資を出せるか?を中心に考えますから。


ちゃんと返せるか?なんてのは2の次3の次ですわ。




ほんとは、買う前にちゃんとしたFPなりお金に詳しい方に相談して、


予算を理解した上で、住宅の検討を始める方が良いんですよ。


私が今から買うのなら、築年がそれなりなのを買って


自分でリフォームを手配して、安く仕上げる。


1000万もあれば、普通の立地で充分良い家に住めると思うんだよな~。


ボロに慣れ過ぎて、ほとんど直さずに住んでしまいそうw




放送の最後の方に、「今後は不動産の価格が下がる」って話がありましたが、


これだけは、微妙かな?


材料が上がって来てるので、新築がしばらくは価格が落ちにくい。


そうなると中古物件が買われるのでそっちも下がらない。


10年スパンで見れば下がる可能性は充分ありますけどね~。


そんな感想を抱いた話でしたとさ。


おわり


運営中物件はこちら↓
toubiooya.hatenablog.com

  


人気ブログランキング