東備大家の不動産活動日記

40代サラリーマンをしながら、副業でコツコツ不動産・太陽光事業を営んでおります。DIYは苦手だけど残置物には萌える変わり者大家。大家業で色んな方とのふれあいを楽しみに活動しております。

永守流 経営とお金の原則②

こんばんは、東備大家です。


昨日の続き。



中盤からは、銀行さんとの付き合い方に


ついて書いてあります。


世界一の技術があるから


借りれる訳じゃない。


その技術で生まれた製品が


どれだけ売れて


利益がいくら出るのかの可能性


に貸してくれる。




大家業に直して考えれば、


担保価値があるから貸すだけでも、


利回りが良いから貸すだけでもなく


その物件から安定的に


どれだけ売上が上がって、


返済が確実に行われるかに貸してくれる


って事。




借りにくいところから借りる


これは私の課題でもありますね。


借りにくいところ=金利が安いところ、


の傾向が強いので


借りにくいところで借りれれば、


利益が出やすい。




ポイントは支店長


これはかなり大事です。


支店長決済で対応してもらえれば、


ある程度の金額までは


その支店で話が纏まるので、話が早い。


私の場合は、たまたま良い支店長さんに


当時出会えたのがラッキーでした。




支店ごとに色が違うので、


合わないと思ったら


違う支店・銀行に行ってみるのが


良いですね。


良い支店長さんに出会えても


経営能力が足りなければ


相手にしてもらえないので、


きちんと数字を把握して


説明できるようにはしておくべき。





組織は人」「取引は人


結局、人と人との関係が大事。


戦国武将の武田信玄も、


人は城、人は石垣、人は堀・・・


と言うほど、人の大切さを語ってます。


今も昔も、良い人との出会いが


あってこその経営ですよね。


その為にも、銀行さんには


すべてをオープンにする心がけが大事。





リスク分散


1社との取引を全体の2割以下に。


これも弊社の課題。




成長過程には踊り場が必要


イケイケどんどんばかりでは、


一度逆回転し始めたら


一気に下まで落ちる。


そうならない為にも、


ある程度のタイミングで


何もしない時期を作る。


一番状況が良い時にそれを行う。




12号が仕上がったら、


そんな時期に差し掛かるのかも。


体力を付ける意味でも、


充電期間を設けるのは良い打ち手かも。


他にも色々と考えさせられる、


良い本でした。


おわり



運営中物件はこちら↓
toubiooya.hatenablog.com

  


人気ブログランキング