東備大家の不動産活動日記

40代サラリーマンをしながら、副業でコツコツ不動産・太陽光事業を営んでおります。DIYは苦手だけど残置物には萌える変わり者大家。大家業で色んな方とのふれあいを楽しみに活動しております。

もうちょっと勉強してから動きましょう。

こんばんは、東備大家です。


ヒヤリハットな一例を聞いたので、怖っと思った話。


とある方から、賃貸契約について質問が飛んできました。


賃貸契約書を見せてもらったけど、これって住居用だよね?


倉庫で貸すなら、内容違うんじゃない?


まずは、売買の契約書を見せて下さい・・・


えっ、用途地域も書いてないの?


そもそも、そこは市街化区域なの?市街化調整区域なの?


それを理解せずに買ったの?


個人間売買で・・・


危なすぎる・・・




そもそも、私は契約は自分で巻かないタイプの大家なので


契約書を作ったり、特約をどのように入れたら良いってノウハウはあまり持ってません。


今まで数件、賃貸契約をしてもらって手元に契約書はあるので


同じ様な物を作ろうと思えば、作る事は出来ると思います。


だけど、それはやらない


なぜ?


その契約書はちゃんと法律に基づいてる?


そもそも用途地域違反してない?


契約に必要な情報・特約は入居者さんとの打ち合わせ通りになってる?


なんて事を理解してないまま動いてしまったら危険だと思うからです。


当然、全部任せきりにして全く見てないってのも危険。


理解してる人にちゃんとお金をお支払いして、


きちんと作ってもらったもので契約していただく。


事前に文面チェックは大家の責任で。


どういう特約を入れるのか? ここのリスクはヘッジ出来るのか?


こういった事も仲介さんと打合せして作ってもらう。


業法の知識が全くない人が、どこかのネットで拾った契約書で


適当に作って契約とか怖いですわ。


どうなっても文句言わないなら別に良いんですけど。




そのコストが勿体ないって気持ちは分かるけど、


知らない事でそのコスト以上のリスクを背負ってますよ?


出来ない事・知らない事は


プロに任せるのが結局コストが安いって話でした。


おわり


運営中物件はこちら↓
toubiooya.hatenablog.com
  


人気ブログランキング